デイビッドの通販~!デイビッド・シャノン

やんちゃできかん坊の息子さんがおられる方、是非お子さんと一緒に読んであげてください。これが2歳11ヵ月の息子には大ウケで!買ってきて既に5回は読まされました。いたずらっ子ややんちゃな男の子には特に読んであげたい1冊です。

コレです♪

2017年01月14日 ランキング上位商品↑

デイビッド デイビッド・シャノンだめよ、デイビッド! [ デイビッド・シャノン ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

シンプルで基本絵とママの文句?しか書いてないのが逆に良くて、子供も私も考えさせられる絵本でした。もう日本もアメリカも!子供がやる事って変わらないんですね。低学年向けかなと思いますが、深さは大きくならないとわからないかも。とても良い絵本。この絵本は間違いない!ボランティアで読み聞かせをしているのですが、小学校低学年の食いつきがいいのです。カラフルで画面いっぱいに描かれた迫力ある絵柄に、シンプルな文章。ゲラゲラ笑いながら!何度も繰り返し読んで楽しんでいます。いたずらなデイビッドのものがたりで、うちの子供がだいすきな絵本です。楽しい絵本でした。違うのも購入予定です。いたずらっ子できかん坊な男の子がいるご家庭にはぜひ読んで欲しい絵本。うちの息子がこの本が大好きだったので、とってもやんちゃな友人の子供のお誕生日プレゼントに購入しました。本をあまり読まない子には!字が少ないので読みやすいみたいです。イタズラ盛りの息子に問題提起の絵本として購入してみました。感動しました。その時に怒る?のもいいと思うんですが!客観的にデビッドがしてるのを見てこれはいけないことだって言ってる事に『おっ!』と驚いて見ています。。小さい子供がたくさん集まるところで仕事をしているので!子どもの為に注文しました。特に、デイヴィッドの顔が見開きで書かれているページは、みんな大好きです。ラストに!お母さんに散々叱られていたデイビッドが抱きしめられている場面では!同じように抱っこをせがんで!満面の笑顔になります。男の子の可愛さが炸裂してます。文章(?)が短いので、きかん坊がはじまった2歳のお子さんでも読み聞かせできそうですね。プレゼント用に購入しました。とても簡単な絵本なので3歳の長男が1歳の次男に読み聞かせることもできその姿はとってもほほえましいです。子供も妻も大好きな1冊です。笑いながら読んで!最後にジーンときました。なぜか子どもたち大爆笑!文章はママの一言だけなんですが!親子でそうそう!といった感じです。デイビッドの、失敗にしょんぼりして、両手を広げて抱っこをせがむ姿は、まさに毎日うちの息子がしてみせる姿そのもので、子供って万国共通にパワフルで可愛くて甘えん坊なんだなあと実感します。文字は少ないけれど絵で笑わせてくれます。デイビッドがしてみせるいたずらの数々は「あー、それ、うちの子もよくやる!!」だし、デイビッドのお母さんの「ダメっていってるでしょ!」というセリフの数々は「あー、それ、私も言っちゃう!」の連続。4歳の息子がいますが!まさにデビッドのようにギャングで朝から晩まで激しくて私も毎日『ダメダメ』言ってる気がします。3才になる息子はこの本が大好きで!デイビッドのパワフルないたずらに夢中。2歳頃の子どもにぴったりの絵本だと思います!「だめ!だめ!だめ!」って!じつは子ども達がたくさん言われてきた言葉。偉そうに「ダメだよねぇ」なんて言いながら、聞いています。最後はお母さんが抱きしめてくれるので、ホッ。シンプルな言葉だけなのに、びっくりするほど食い付きが良かったです。児童館で一目ぼれして購入したのですが、本当に楽しい絵本で、一緒に読む私も苦笑いしつつ楽しんでいます。すごくやんちゃでいつも怒られてるけど、ママは、君が好きだよと、子供に伝えて上げられる本でもあると思います。そして、このやんちゃなデイビットと自分を合わせて読むと面白いそうです。一番最後にこんなにダメダメって怒られてるデビッドだけどママ(パパ)も大好きなんだよっていうのを伝えるので息子も最後は照れて私にぎゅーってしてきます。大人も!つい「だめだめ」ばかり言ってることを反省します。だからこそ、絵本の主人公デイビットが怒られるのを見て、笑いながらも、自分のことのようにハラハラして見ている子ども達です。デイビッド、シリーズ化しているのですが、これが一番好き。保育園でも子どもたちに大うけです。主人公ディビッドは4〜5歳ぐらいかしら(^^)最後のページであたっかい気持ちになります。いつもコドモを叱ってばかりの男の子ママに特にオススメです。保育士です。毎回!声をあげて喜んでくれるので大正解!ちなみに2歳の甥っ子にも好評。男の子にとくにオススメの絵本です!3歳と7歳の息子のために購入しました。鼻をほじるデイビッドのどアップには、隣で読む子供が真似をしないかと、むしろこっちがヒヤヒヤしてスリリングです。イロイロとイタズラをしては「だめよ!デイビッド!」っと怒られている話が続き!最後にはそれでもお母さんは抱きしめて受け入れるというようなお話です。オススメです。なんでママがダメって言ったのか理由があるのも気付いてくれました。いつも自分たちが怒られているセリフと同じ言葉をデイビットが言われるのが楽しくて仕方ないみたい。下の子と一緒に読んでるんですが、デビッドがすること見て『あっ!デビッドダメだねぇ〜裸んぼで遊びに行っちゃった〜笑っ』ってダメな事を客観的に見てくれているに事に気付きます。長男が2歳のとき図書館で借りたところ長男がとても気に入ったので絵本に興味を持ち始めた次男のために購入。