読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゃうもっちゃうもうもっちゃうがセールに関係なしの安さ~!

安い
小学校1年生の子ども達に読み聞かせをしました。夜寝る前に子供に読んであげるために購入したのですが、面白くって寝ませんでした(汗)子どもの頃朝方よくトイレに行く夢をみてました。絵は少し昔っぽいと言うか、正統派な感じですが、面白くておすすめです。

コレです!

2017年01月14日 ランキング上位商品↑

ゃうもっちゃうもうもっちゃうもっちゃうもっちゃうもうもっちゃう [ 土屋富士夫 ]

詳しくはこちら
 b y 楽 天

到着してさっそく読んでみると、大型の本で絵も大きくて子どもにわかりやすく楽しい内容なので納得しました。子供が図書館へ行く度に借りてきているので購入しました。店頭ではみかけない本で、購入してよかったです!たまにお漏らししてしまう甥っ子へのプレゼントです。いちおう5〜6歳向けとのことですが、絵本にしては文字数が多めかなと思いました。人気の本らしいのでチェックしていたんですが!「昆虫ハンターカマキリのすべてフィールド版」のついでに子どものために購入しました。最後のどんでん返しには大人の僕もやられました。でもやっぱり!大笑いでしたよ。「もっちゃう もっちゃう もう もっちゃう」この言葉にも 笑っちゃいます。「トイレ」という単語だけで、子どもたちは大喜び!笑ところどころ笑いながら、最後までみんな真剣に聞いていました。何回も繰り返し読んでます。もうすぐ5歳の子供に購入しました。「しまったぁ〜」身に覚えがありますねぇ。。良く出来た絵本ですが、1年生に読み聞かせた時、最後のどんでん返しが理解しきれなかったようでした。小学二年生の男のまごによみました。 最後の最後に どんでん返しがあって! 皆も「あるある」と頷いていました。大うけです! 誰でも一度は経験したことがある 「ああっ!もっちゃう! トイレはどこ?」の経験。特に一番最後が!予想外の展開だったので私も不意をつかれました!読み聞かせ会の前に サークルの仲間に聞いてもらいました。もっちゃうもっちゃう・・・言葉の繰り返しが楽しいようです。ただ残念な事に、『やっと夢から覚めたてトイレに行けたと思ったけど…』の最後の一番面白い部分はいまいち理解できなかったようです(笑学校での読み聞かせ用に購入。その状況を思い出すようなえほんです。予想外の展開で大人が何度読んでも面白いです。「もっちゃう もっちゃう…」のフレーズもリズミカルで気に入ったみたいです。今は教室に置いてありますが、朝や休み時間は必ず誰かが読んでいるほど大人気です。タイトルを見た時点でほぼ決まってましたが、試し読みして決定しました。トイレの話なので、あまり字を読むのが得意じゃない次男も面白がって読んでいました。 トイレを探して走り回るボクの前にあらわれるのは ヘンテコリンなトイレばかり。購入するときに小1のむすめにパソコンで見せたら「幼稚園のときに先生に読んでもらった」とのことです。展開がおもしろいです。ページを戻ったりしながら繰り返し見ていたので結構気に入ったようです。オススメです☆幼稚園の時に読んでおきたかった絵本です。この作者さんはウマイと思います。大喜びです。誰もが我慢したことのある「おしっこ」ですが!トイレがなかなか見つからず!最後の最後でどんでん返しまで用意されています。あまり絵本をじっくり読む(聞く)子ではないのですがこの本は1度読み聞かせると!すぐに気に入ったようでその後は自分で何度も繰り返し読んでいました。子供も親も楽しんで読みました。「うんち」「おなら」「おしっこ」ネタが大好きな子ども達には!案の定人気です。テンポがよくて!登場する男の子の気持ちがよくわかります。